〔17〕お仕事と身だしなみ

著作:山口しじみ | 投稿日:2001年10月4日 | カテゴリ: ファッション

派遣として働いていると「意外と大変かも」と思うことの1つに服装がある。

私が今就業している会社は、正社員の女子には制服があるが、派遣や契約社員にそれは支給されない。以前就業していた会社は制服支給があったので楽だったが、今はその倍くらい服に金がかかるようになった。“オシャレ大好き”“新しい物大好き”。そんな性分だと貯まるはずのお金も全く貯まらない。

私が今の会社に入った頃は、今よりもずっと派遣社員が少なかったので、非常に目だってしまったものだが、それが逆に嬉しくもあり、またそれによってちょっとした緊張感もあったものだ。

しかし、派遣社員の女子がすごい勢いで増えた今、「私なんて地味で目立たない部類に入ってしまうのでは?」なんておかしな危機感を感じるくらい、ファッショナブルな女の子達が、うようよいる。ちょっぴり大袈裟な言い方をすれば「おや?この通路はパリコレのランウェイ?」と思ってしまうほどだ。

夏なんてキャミワンピ(肩の部分が紐状になっているスリップのようなワンピース)に素足にミュール、や、タンクトップにジーンズ地のサブリナパンツ、そして厚底の運動靴など、思わず「ここは結婚式場か、はたまた高原か?!」と思わせるような素晴らしいいでたちの女の子が何人もいる。しかも年を聞いてみたら、私とさほど変わらない。これにはビックリした。

ま、本人がいいのなら、それでいいかもしれない。“右を見ても左を見ても同じファッション”というのは、日本が生んだバカバカしい文化みたいなものだ。個性を主張することも時には大切だ。

がしかし、ここは会社だ。個性の主張も時に必要にもなるだろう。しかし、第一段階で主張すべきは、やはり、“スキル”なわけだ。

端末を必死で叩いている時、その肩ヒモは落ちてこないのか。落とした物を拾おうとした時、下着が見えてしまうのではないか。取引先のお客様がお見えになった時、その服装でお茶を出すのか。等など、様々な不安が頭をよぎる。

30を過ぎ、出せる部分が少なくなった(?)せいか、やたらと身だしなみに気を使うことが多くなってきた私は、そのような人達を見ると、どうしても“おいおい、正気かよ?!”と目を覆いたくなってしまうような衝動にかられてしまう。

私が冒頭に述べた「金がかかるようになった」というのは、少なくとも自分の「服装」というものを2つ(“プライベート用”と“会社用”)に分けているからだ。普通それは教えられなくとも、社会に出て働いている人間にとって当然のことなのではないかと思っていた。

ピクニックに行く時は「汚れてもいい動きやすい格好」をするから、転んでも汗をかいても、それをひっくるめて“楽しかった”と思えるのだ。美味しい懐石料理を食べに行く時だって同じだ。「自分のワードロープの中でちょっとだけ品のよい(と思われる)服」を着るから、料理の味、その時の会話など、全てをひっくるめて、“美味しかった”と思えるのだ。

身だしなみも大切な調和の中の1つであり、その日のテーマを楽しむための大切な道具である、というごく当たり前のことを忘れてしまっている人が年々多くなっている気がする。

先日人事部の人と帰りが一緒になったエレベーターの中でこう言われた。「今の派遣の子たちの服装はすごいね。今上の方でもちょっと問題になっちゃってるんだよ。どうすればいいのかな」

彼がわざわざ同じ派遣である私に言ってきたのは相当なやんでの事だったのだろう。思わず私もどう答えていいかわからず、同じ立場の人間として非常に恥ずかしくなってしまった。

単なる身だしなみの話を「派遣」という枠で括るというのもおかしな話だが、“派遣=腰掛け”“派遣=お気楽”という図式が成り立ちつつある、うちのような企業から見れば、「そう思って下さい」といわんばかりの行為にもなりかねない。「派遣社員というのはTPOを知らない、ちょっと頭の弱い人達の集団」というレッテルを貼られかねない。少なくとも私の仲良くしてる派遣仲間の中にはそんな人は1人もいないのだから、それだけは困る!

上に着ているタンクトップをプレーンな白のシャツに変える、ワンピースにカーディガンを羽織る、そんな小さい一工夫で全然違った印象を与えることができる、それがファッションの醍醐味なのだから、その辺をもちょっと活用してほしいものである。

こうなったら、うちの会社専属、風紀委員長“派遣ビューティーアドバイザー”にでもなろうかなぁ。

2001.10.04

Pocket
LINEで送る

タグ:

※記述が古い場合があります。投稿日をご確認ください。

  • がんばる派遣美人内を探す

  • たまごやサイト内検索

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14