2002年2月 記事一覧

〔37〕勇気づけてくれるもの

先日4年ぶりに高熱を出してしまいました。夕方になると38~39度の熱が出るという日が3~4日続き、「一生このままだったらどうしよう」と本気で悩んでしまったほど。病院で診てもらったら「インフルエンザではなく、単なる風邪。それと過労ですね~」との診断が。このところ自暴自棄になり、日々飲み歩いていたので、そのツケがまわってきたのかもしれません。「飲みに行く元気があるんだから、たいして弱ってないだろう」という単純極まりない自己判断が招いた悲惨な結末ですね。寒い日はまだまだ続きます。みなさんくれぐれもご自愛を。

身動きが取れない程落ち込んでしまった時、前に進むことすら辛くなってしまった時、みなさんはどうしているだろう。

私はそんな時、何故か無意識に星野道夫さんに頼っていることが多い。写真家、冒険家、エッセイストとして有名な方なのでご存知の方も多いと思う。

私が星野さんを知ったのは、5年ほど前だった。某デパートで買い物をしている時にそこの催し物会場で展覧会が開催されていた。時間もたっぷり余っていたのでひやかし半分観に行ってみたのがきっかけだった。確かタイトルは“星野道夫写真展「アラスカの光と風」”だったと思う。

私の中のアラスカと言えば“オーロラ以外の鑑賞物は何もなく、寒くて殺風景な、できれば一生行きたくもないところ”であった。

「オーロラの写真を観るのも悪くないかな」程度の気持ちで入ったわけだが、所狭しと並べられた大きなパネル写真の中にオーロラの写真は殆どなかった。そこにはカリブーやグリズリーなどアラスカを代表する動物が美しい夕焼けや壮大な海などの手付かずの自然と共に収められていた。

全て見終わる頃、その写真にスッカリ魅せられた自分がいた。動物がかわいかったからではない。自然が美しかったからではない。言葉で表現するのは難しいが、近い言葉で言えばそこに「あたたかさ」を感じたからだった。

それ以来、私は金のある時に星野さんの写真集やエッセイを買い集めた。辛くなった時、何かにぶち当たったとき、私は彼の写真を見、彼のエッセイを読む。すると、不思議なことに自然と力がわくのだ。表の美しさのみでなく、裏の裏を見る力、そしてそこから這いあがって行かなくちゃという強い心を再生してもらえるような気がする。

たぶん普通の冒険家が書いた本だったら、感情移入しやすい私はすぐさまこの日常を捨て去り、同じ経験をしたいと願っただろう。美しい地域の写真を見たら、その場所へ出向き、自分の目で見たいと感じただろう。

だが、星野さんの写真や言葉は他の冒険家の方のそれとは全く違う。彼の本を読み終えた後は、「星野さんはアラスカで生きたけど、私はここにいる。ここが私の生きる場所、ここが私にとってのアラスカなのだ」と思わせてくれる何かがあるのだ。

つまり、彼は写真家、冒険家という枠を超えた、私にとってはとてつもなく偉大なメッセンジャーだ。

ここに私の大好きな彼の言葉の1つを書いてみようと思う。

「やっぱりおかしいね、人の気持ちって。どうしようもなく些細な日常に左右されてゆくけど、新しい山靴や、春の気配で、こんなにも豊かになれるのだから。人の心は深く、そして不思議なほど浅い。きっと、その浅さで、人は生きてゆける」(アラスカ風のような物語「早春」より抜粋)

自分が置かれた辛い状況を憂うよりも、周囲に転がるまだ自分が知らない未知なるものに勇気づけられることの方がずっと大切なんだと思う。

「やるべきことはまだ沢山ある」

漠然としていたっていい。そんな風に自分を信じる気持ちを忘れずに進んでいきたいと思う。

2002.02.22

〔36〕「罪」と「罰」

先日、バレンタインのチョコレートを買いに銀座三越まで行ってきました。休日の銀座はものすごい人ごみ!そんな中でお目当ての“satie”の生チョコをやっと買うことができました。なんと今年は(開けてからのお楽しみということですが)ダイアモンドが入ってる箱がある、とのこと。本命チョコの中に入ってたら本当、運命を感じちゃうかもしれませんね。

「辞めたい」と思うことがある。“思うことがある”というより、私にとってのそれは寝たり、食べたり、遊んだり、という生活の一部と同じようなものだ。よくよく考えてみれば日々当たり前のように「辞めたいなー」と感じながら嫌々会社に通っているような気がする。

時にそれは表面化し、「次の契約で終了させてもらおうかな」などと具体的に考えたりするが、今までなかなかその言葉が言い出せなかった。というのも、今派遣業界は非常に厳しい風に吹かれている。時給もどんどん下がり、自分に合った仕事を見付けるのすらままならない。

手に職も持たず、いつのまにかミソジを過ぎてしまったこのぐうたらな私が、他の企業へ行き、またバリバリ仕事をこなすことができるだろうか。そんな不安が先に立ち、結局私は「辞めたい」気持ちを自分の中で満タンにすることができず、すでに今の会社で2年が経過してしまったというわけだ。

我ながら情けないな、と思うが、まともな友人に「この不景気に現場の上司から“ずっといてくれ”なんて言われる派遣さんなんていないわよ。少しはありがたいと思って、いれるうちはいた方がいいのよ、いりゃあ金だって入ってくるんだしさー」などと言われてると、あながち“情けないこと”とも言いきれない。

しかし、ここにきて(これは前号から少し引きづるが)そうも言ってられない状況になってきた。4月からの組織編成に伴う波が徐々に私にも襲いかかってきているのだ。

他の人が忙しかろうが、困っていようが、「私は派遣であって、この会社の社員ではないのだから、かわいそうだけど手を差し出すだけ余計な仕事が増えて損をする」と考え、絶ち切ってきた私だが、最近は今まで知らん振りを決めこんできた仕事をやらざるを得ない状況に追いこまれつつある。

つまり、“他にやる人”がいないのだ。

「山口さん、4月からはこの仕事もやっていただいていいですか?」

そんなこと言われたって、ハッキリ言って私は今抱えてる仕事だけで、いっぱいいっぱいなんだよ。それ以外をやらせる必要性を感じたら、臨時で別の人でも雇ってくれないかな。

そう言いたい気持ちを抑え、私はそれに無言で応じてしまっている。

「山口さん、」と苗字を呼ばれる度に、「辞めたい」という気持ちが一層強くなっている。

でももし今「辞めさせてください」などと言おうものなら、下手をすればみんなからヒンシュクを買うだろう、もしくはうまいこと言いくるめられて辞めさせてもらえないかもしれない。

ここ数年、身の振り方も考えず「自分で決められな~い。誰か決めて~」なんてほざいていた私は、ついにブラックホールに落ちたのだ。うだうだ悩んでいたのは最大の「罪」であり、会社というブラックホールに落ちたのは、その「罰」なのかもしれないな。

2002.02.15

« Older Entries
  • スポンサードリンク

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14
    カウンターリセット:2012.12.13