〔41〕終わってる派遣会社

著作:山口しじみ | 投稿日:2002年3月22日 | カテゴリ: 職場

私が所属している派遣会社は担当営業がコロコロ変わる。私は今の企業で約2年続けているが、もうすでに4人目だ。しかも去年の10月頃から担当になったこの4人目の営業は本当のクセ者で、悪い言葉で言えば、呆れる程のボンクラ野郎だ。

26歳、独身、1度転職をして派遣会社の営業になったらしい。羨ましくなるなるほど肌が白くきれいで、細くて小さい。前に「女にうまれりゃよかったのにね」と皮肉を言ってやったことがある。

喋ってる間は、そんな皮肉を言われようと、常に消え入りそうな微笑みを絶やさず、完璧なマニュアルが頭の中に入っているのか「そうですね」とか「スタッフさんのために」とかいう常套文句を繰り返す。

なんとなく不安になった私は「私が所属している部署、それから仕事内容を理解してくださってます?前任の方から引き継いでるはずですよね?」と聞いた。すると落ち付きがなくなった彼はバタバタとカバンの中をあさり、「はい。ちょっとファイルを見てみます」と言った。

呆れ返り、それと連動するかのように急におかしさがこみ上げてきた私は「あんた大丈夫?基本事項をちゃんと頭に入れてないと仕事できないよぉ。もしかしてバカ?」とちょっといじめてみた。

なんとそれでも彼はひきつりながら笑っていた。
最近、心の中や生活状況を整理し、今の企業と契約を切ろうと考えた私は、先日彼にその旨を伝えることにした。「6月でいったんこちらとの契約を切らせてください。今週中には課長の方に私からお話します。その結果をまた報告しますので、人事の方と調整してもらえますか?」と。

すると彼はいつもの笑みを顔にはりつかせながら「はい。そうですか。ではそれでお願いします。6月まではあと少しですね。後は適当にやればいいだけですね」と言ったのだ。

おいおい、オマエ何者だよ。私は瞬間異次元に飛ばされたような錯覚を受けた。

「はいそうですか」じゃないでしょう?まず辞める理由を認識すべきでしょう?私が辞めたら、その分そっちに金入らなくなるんだよ。それから「あとは適当」って何?最後の3カ月間だからこそ、悔いの残らないようにしっかり仕事をこなすべきでしょう。

気付いたら私は「あんたさ、本当に営業マン?あんたの場合はさ、辞めることが決まった後は適当に仕事をするんだー。ふうん。でもさ、それで給料もらってたら、詐欺だよね。マジでやばいよ。もう帰っていいよ。顔見たくもないから」と言っていた。

言いながら、どう反応するのかと彼を見ていたら、なんと驚くことに目をパチクリさせ、ひきつった泣きそうな笑みを返してきただけだったのだ。

その後、私はそのことを支店長に直に伝えたのは言うまでもない。私は全てを説明し、最後にこう言った。「これではトラブルが起こりそうで心配です。なんとか営業をもっとデキる人に変えてもらえませんか」と。

すると支店長は「山口さんのおっしゃる通りです。でも彼も私のかわいい部下なのです。勉強のためですので、なんとかそこのところをわかって下さい」と頭を下げてきたのだ。

おいおいおい、どうしちゃったんだよ。こっちにしてみたら一大事なんだよ。これまでのどうしようもない経緯を話した上で、これでは不安だから「しっかりフォローしてくれる、営業さんに変えてくれ」と言ってるの。私間違ったこと言ってる?あんたにとってはかわいい部下かもしれないけど、こっちにしてみりゃ憎たらしい営業なんだよ。スタッフのことを第一に考えないでどうすんの?

最近色々なトラブルが社内で起こるけど、これじゃ無理ないな。“支店長”と名のつくような人がこうなんだもん。と、私はスッカリ無気力状態になった。

私が所属してるのは女優のNちゃんがイメージキャラをつとめるM社です。ここの契約が切れたら、登録抹消してもらおっと。

2002.03.22

Pocket
LINEで送る

タグ:

※記述が古い場合があります。投稿日をご確認ください。

  • がんばる派遣美人内を探す

  • たまごやサイト内検索

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14