〔49〕契約内容の変更<前編>

以前にもお伝えしたが、私は今の派遣先との契約を9月で終了することが決まっている。つまり9月いっぱいで辞めることになるわけだ。

「山口さんはテキパキしているし、非常によくやってくれている。うちには絶対に必要な存在だ」それが上の方々の一致した意見だった為、私は今の派遣先から今まで2、3度「正社員にならないか」という話しをいただいた。

「何故そんな良心的な会社で正社員の道を選ばなかったのか。ましてや何故辞めてしまうのか」と思う方もいるだろう。事実、友人にも「あんたバカじゃないの?正社員になっちゃえばいいのに」と散々呆れられた。

「社員になれない」問題点は大きく分けて2つあった。まず私自身の心の中の問題だ。私は正直なところ事務仕事が好きではない。他に金を稼ぐ手段がないから、こうしてOLをやっているだけだ。そんな人間がこの先何年続けても、決して“本物のOL”にはなれない。

もう1つは会社の社風の問題だ。これはとても大きな問題だ。うちの会社は保守的で、女の子が実力を認められても決して上には上がれない。ひどい話しが内勤事務止まりだ。そのくせ残業がやたらと多い。女性が結婚後も産休をとりその後も働ける、というようなきちんとした体制を作っている会社とはわけが違う。

2年働いた私はそんな部分をトータル的に考え、今回見切りをつけたというわけだ。

話しが長くなったが、9月まで後4カ月とちょっと。私は一層会社に尽くそうと気持ちを固めた。

どんな会社であっても、こんな私を2年も置いてくれた会社だ。最後までこの会社の為に尽くしたい。ガラにもなく、そんな暖かい思いが私の心を支配していた。

しかし不思議なことに問題というのは、自分の心がいかに穏やかであろうとも、状況がいかに好転しようとも、起きる時は起きる。その問題というのは、私の前向きな心を一瞬にして踏み潰さんばかりのスケールを持って私に襲いかかってきた。

今の段階で、私が辞めるということを部全体が知っているため、ここに来て仕事をフッてもらえなくなってきたのだ。もしもそれが上の人達の考えであるのなら、仕方ない。かまわない。

でも私はまだ4カ月いる。

なのに、何故そんな村八分的な扱いを受けねばならないのか。

9月で契約を切ることは課長との話し合いの上で決めた。課長は常々「山口さんには大きな仕事を任せてもいるわけだし、もしも辞める時は半年以上前に言って欲しい」と言っていた。私もそれをのみ、2月に辞める旨を伝えたわけだ。その時課長は「じゃ9月までは今まで以上にやってね」と捨てゼリフを残した。

そんな経緯があったのにかかわらず、これだ。

4カ月ボーッとしながら、タダ働きで給料を受け取るくらいなら、今辞めて、違う会社に移り、またバリバリ働いた方が断然いい。

企業というのは辞める人間には冷たい、本当にそう思う。

私は課長に直接この話しをフッてみることにした。「私が必要ないのであれば、今すぐ辞めさせてもらってもかまいませんよ」カッとなると当たり一面にその怒りをバラまかないと気がおさまらない性格の私は課長を目の前にして、そう告げていた。

2002.05.24

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です