2002年7月 記事一覧

〔56〕終わりに~いらない引出し~

突然ではございますが「がんばる派遣美人」はこの回をもちまして、最終号とさせていただくことになりました。約1年と2カ月。私のようなちゃらんぽらんな派遣OLの愚痴などを聞いていただき、本当にありがとうございました。

皆様からいただいた叱咤激励のお便り、きちんと宝物箱フォルダーに入れてあります。これからも苦しいこと、悲しいこと、また人生の転機の時などにこっそり読ませていただこうと思ってます。

今回断念する理由といたしましては2つあります。私自身がいつの頃からか「派遣スタッフ以上、正社員未満」という気持ちで今の職場で(長く)勤めてしまい、派遣に関する大切なことが書けなくなりつつあること。また親戚の人間が病気を患い、それに関して私の身辺が非常にバタバタしてしまっていること。この2つです。

この原稿を書くことが1つのライフワークになっていた私にとって、非常に淋しいことですが、当分の間、頭の中をクリアにして、また違ったかたちで皆さんにお会いできる機会があれば、と思ってます。

今まで「がんばる派遣美人」をご愛読いただき、本当に本当にありがとうございました。

うちの新人のAちゃんは、よく泣く・笑。

「取引先に怒られた」と言っては泣き、「仕事がどうしても理解できない」と訴えては涙目になる。プイと怒って「体調不良で早退します」と言い、帰ってしまった時もあった。

しかし、逆によく笑いもする。

「山口さんの今の言い方、面白かったです」と言っては、人目も気にせずケラケラ笑い、誰かがつまづいて転んだりしても「大丈夫ですか?」と言う前にプッと吹き出したりする。

そんなもんだから、この3カ月間Aちゃんのリアクションにうまくのれず、「なんだか疲れたな」なんて、考えることも多かったのだが、ここにきてまた引出しのことを考えた。

彼女の引出しは、たぶん私の半分くらいの数なのではないか、と思ったのだ。

彼女の引出しは少ないため、何かを感じてもしまうところがない。だからそれを思いきり、外に向けて表現してしまう。それは時に危険な場合もあるが、ある意味、とても大切なことなのではないか、と私は感じたのだ。

Aちゃんに比べると、私には「感情」というものがない。Aちゃんが笑っている時に「そんなに面白いかな?」と考え込んだり、逆の場合でもそうだ。

私は、会社に入ってから、辛く当たられることがあっても決して泣くこともなく、常に“涼しい顔”を作っているように、心がけていた。そうであることが、「大人」であり、「社会人として大切なこと」だと思っていた。

たぶん、私は不必要な引出を沢山持っている。辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、会社でそれを感じても、家に帰ってそれを「もう決してあけないだろう」引出しの中にこっそりしまう。

そんな引出しを知らず知らずのうちに、沢山作ってしまっていたのではないだろうか、と思うのだ。

急にAちゃんが羨ましくなることがある。しまいこむ引出しを作らず、思いきり出しっぱなしにできるということが、とてもすがすがしいことに思えることがあるのだ。

「もう出さないであろう引出し」は1つあればいい、と思う。そしてその中が悲しい感情ばかりで溢れ出す事がないよう、きちんと鍵をかけられればそれでいいのだ、と思う。

これからはそんな感覚で、もっと自分という人間を出していけたらいいな、と思っている。

2002.07.12

〔55〕箪笥<新規の引出し>

自慢ではないが、私は洋服を沢山持っている。とにかく数え切れない程、ワンシーズンでは着きれない程、持っている。一時期流行った“お買い物症候群”という病気なのではないかと思ったこともあるくらいだ。

小さい頃に買ってもらった箪笥を今でも愛用しているが、何年か前からいっぱいいっぱいで、もうしまいきれなくなってしまった。しかたなく、ハンガーを使い、部屋の片隅にかけたりしているわけだ。

「片付けなくちゃ」と思ってもなかなか思い腰を上げられず、今日まできてしまったのだが、ふと“箪笥は人生に似ているな”と思った。

私は約10年OLをやってきて、生きていく上で「出す物」と「しまう物」、そして「出しっぱなしにしてもいい物」をいつの間にか身につけた。

私の場合、新しい会社が決まった時に今まで必要だったものは取り敢えず箪笥にしまう。そしてその会社での業務がマンネリ化してきた時に、そして「今だ」と感じた時に、その大切にしまっておいた物を、箪笥の引出しから出すのだ。

派遣はよく“スキル第一”と言われるが、実はそうでもない。確かに経験は必要だが、洋服に例えれば、それが全く流行遅れの物であったとしたら、持っていても着れなくなってしまうように、一瞬にして必要なくなってしまうのだ。

私の部署に4月から新しくAちゃんという派遣の女の子が入ってきた話しは以前したと思うが、今年で26歳になる彼女は、よく「前の会社では」という話しを持ち出して、「こうしたらどうですか?」という案を出してくれる。

業務に真剣に取り組んでくれる姿勢は本当に嬉しいのだが、じっくり聞くと「前の会社ではその方法でやっていけても、うちの会社でそのやり方じゃ、たぶん余計煩雑になっちゃうんだよねー・・・」てなことが多い。

それ以外でも、「この会社おかしいですよね?」と前の会社と比較して、疑問を私にぶつけてくることが多いのだ。「前の会社ではこうだった」という話しを大きな声でされ、ひやひやしてしまったこともあった。

何社も様々な会社を回っていると、確かに比較してしまうことも多くはなるが派遣先を変える場合は、会社の思い出、そこで学んだ技術はいったん箪笥の中に入れる方がいいのではないか、と思う。

「郷に入らば郷に従え」ということわざがあるように、やはりどんなスキルを持ってしても、その会社会社により、規則ややり方は全く違うわけだから、まずはそれに従い、新しい環境で対応していけるような、引き出しを1つ作る、そっちの方が先なのではないか、と思う。

改めて、洋服を整理しながら、そんなことを感じている私なのであった。

2002.07.05

  • スポンサードリンク

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14
    カウンターリセット:2012.12.13