ファッション

〔55〕箪笥<新規の引出し>

自慢ではないが、私は洋服を沢山持っている。とにかく数え切れない程、ワンシーズンでは着きれない程、持っている。一時期流行った“お買い物症候群”という病気なのではないかと思ったこともあるくらいだ。

小さい頃に買ってもらった箪笥を今でも愛用しているが、何年か前からいっぱいいっぱいで、もうしまいきれなくなってしまった。しかたなく、ハンガーを使い、部屋の片隅にかけたりしているわけだ。

「片付けなくちゃ」と思ってもなかなか思い腰を上げられず、今日まできてしまったのだが、ふと“箪笥は人生に似ているな”と思った。

私は約10年OLをやってきて、生きていく上で「出す物」と「しまう物」、そして「出しっぱなしにしてもいい物」をいつの間にか身につけた。

私の場合、新しい会社が決まった時に今まで必要だったものは取り敢えず箪笥にしまう。そしてその会社での業務がマンネリ化してきた時に、そして「今だ」と感じた時に、その大切にしまっておいた物を、箪笥の引出しから出すのだ。

派遣はよく“スキル第一”と言われるが、実はそうでもない。確かに経験は必要だが、洋服に例えれば、それが全く流行遅れの物であったとしたら、持っていても着れなくなってしまうように、一瞬にして必要なくなってしまうのだ。

私の部署に4月から新しくAちゃんという派遣の女の子が入ってきた話しは以前したと思うが、今年で26歳になる彼女は、よく「前の会社では」という話しを持ち出して、「こうしたらどうですか?」という案を出してくれる。

業務に真剣に取り組んでくれる姿勢は本当に嬉しいのだが、じっくり聞くと「前の会社ではその方法でやっていけても、うちの会社でそのやり方じゃ、たぶん余計煩雑になっちゃうんだよねー・・・」てなことが多い。

それ以外でも、「この会社おかしいですよね?」と前の会社と比較して、疑問を私にぶつけてくることが多いのだ。「前の会社ではこうだった」という話しを大きな声でされ、ひやひやしてしまったこともあった。

何社も様々な会社を回っていると、確かに比較してしまうことも多くはなるが派遣先を変える場合は、会社の思い出、そこで学んだ技術はいったん箪笥の中に入れる方がいいのではないか、と思う。

「郷に入らば郷に従え」ということわざがあるように、やはりどんなスキルを持ってしても、その会社会社により、規則ややり方は全く違うわけだから、まずはそれに従い、新しい環境で対応していけるような、引き出しを1つ作る、そっちの方が先なのではないか、と思う。

改めて、洋服を整理しながら、そんなことを感じている私なのであった。

2002.07.05

〔25〕高まる物欲

今年は本当に暖かいですね。去年以前遡ると11月の初旬からコートを着ていたような気がしますが、今年はジャケットや薄手のブルゾンで充分間に合ってしまいます。あと1カ月我慢して、来年1月のバーゲンでコートを買おうか、やっぱりお目当てのものがあったら、今買っておいた方がいいのか、悩みが尽きない私です。

冬のファッションというのは夏のそれよりも、選んだり購入を決めたりするまでにやたらと時間がかかる。素材や着た時のシルエットの重要性もさる事ながら、何せ価格が高い!

「ワードロープの中にあったら嬉しいけど、今月は諦めよう」と見なかったふりをし、心の中で泣くことのなんと多いことか。

会社でも相当なストレスが溜まっているのだ。プライベートでも我慢我慢なんて言ってたら、そのうちストレス性の胃炎なんぞになってしまうことだってあるかもしれない。

そうだ、“生きている”ことはイコール“金のかかる”ことなのだ。

もうすぐクリスマスや忘年会など、色々なイベントがあるんだもん。(こういう時に「ボーナス」というものがないのは非常に恨めしいが)そうだ、買ってしまおう。自分へのご褒美だ。

そう思い、先日ラストシーンの白いジャケットを購入した。ウエストの部分をマークする今年風の太ベルト、シンプルに立てる襟、そして丈、着心地の良さ、そのジャケットは全てが私の好みに合っていた。

3万円という価格は多少イタかったが、これを着て歩くことによって、うきうき気分が増殖し、きらびやかに、華麗に、こころおきなく今年を締めくくることができれば、こんなお得な買い物はないだろう、そう自分に言い聞かせた。もちろん「今月はもうこれで終わりにしよ」とはらをくくることも忘れずに。

しかし、買い物というのはなんと因果なものだろう。

「今月はもうこれで終わりにしよう」という決心も、そのジャケットが自分の手中に入ったとたん、もろくも崩れ去り、私は無意識的にと言っていいほど発作的に、靴売り場に向かい、走りだしていたのだ。

「このジャケットに合う、ブーツが欲しい」

その真摯な一点の曇りも無い純粋な気持ちは、私をどうしようもない“強欲ババァ”にさせていた。靴売り場に並ぶ色とりどりのパンプスやブーツ。思わずため息をつく。「店ごと買い占めたい」と真剣に考える私がそこにいた。

「やっぱり今年はちょっとヒール高めの細身のブーツよね」そんな風に様々なブーツを物色し、ターゲットを絞った。店員に自分のサイズに合ったものを出してきてもらう。

いざ履こうとしたその瞬間だった。

「は、はいらない」

なんと内側のジッパーが、ふくらはぎのちょうど中間点で止まってしまったのだ。正直ビックリした。

いつのまにふくらはぎなんぞに肉がついていたのだろう。

私の身体は「もうこれ以上あがらないよ。無理に上げたら壊れるよ」というSOSをすぐさま私の脳に送り始めた。

しかし、脳から心にそう発信されればされるほど、私の「履きたい」欲はのぼりつめていく。悲しいほどに、切ないほどに、私はジッパーの途中からはみだしてた、自分が勝手に蓄えていたいまいましい肉の塊を見ていた。

そう言えば昔ピーコが言ってたよな、「服や装飾品にかけるお金があるのなら、まず自分の身体そのものにお金をかけなさい」と。とほほ。

そしてブーツを泣く泣く諦めた私は、次なるターゲット(そのジャケットに合った)アクセやボトム、ニットを探すため、走りまくったのだった。

その一日で使ったお金、しめて6万。

ストレスフルな社会で生きている限り、私は「物欲」というものを抑えることはできないんだろうなぁ。

2001.11.30

« Older Entries
  • スポンサードリンク

  • QRコード

    がんばる派遣美人 がんばる派遣美人 バットグアノ通販|たまごや商店 デジタルたまごや
  • ご訪問感謝!

    創刊:2001.06.14
    カウンターリセット:2012.12.13