[41]トーマス菌の使い方

前号からの続きです。

トーマスくん(アープトーマスオルガ菌)を投入する前に、準備があります。トーマスくんは大食漢ですから前もってエサになる堆肥を投入しておく必要があります。堆肥はトーマスくんの住処にもなります。

堆肥は普通の牛糞堆肥で問題ありません。できれば牛糞堆肥400Lあたりスーパー原肥を40リットル混ぜるとより効果が高まります。(スーパー原肥はトーマスくんによって分解された堆肥です)

トーマスくんの投入は植え付け前に行なうのがベストです。大体植えつけ7~14日前に堆肥、米ぬか、元肥を入れて、水分を調整し、できればマルチングをして養生します。14日ほどでトーマスくんがベストな状態にしてくれますので、植えつけましょう。

植え付け後も2週間おきに、トーマスくんと穂宝源(すいほうげん)を同量混ぜて散布します。穂宝源はトーマス菌を活性化する資材です。必要に応じて元気くんなどの追肥用の液体肥料を同時に散布すると手間が省けます。

追肥用の肥料は、葉物の野菜の場合は初期に、実物の野菜はなり始めに与えると効果があります。

アープトーマスオルガ菌(トーマスくん)
使用方法「トーマスくん」で土づくり【約10坪(約33m2、約20畳)】
[40]トーマス菌を使ってみては?

Follow me!