[77]有田みかんと海藻粉末

海藻粉末の仕入先である輸入会社から毎年お歳暮をいただくのですが、今年も届きました「有田みかん」。これがおいしい、味が濃厚、そして甘い!!

有田みかんといえば紀州みかんの名の元、和歌山県の名産です。江戸時代に紀伊国屋文左衛門がみかんの交易で財を成したことは有名。その後、甘く種の無い愛媛みかんに若干押され気味の時期もありましたが、現在では見事に生産量第一位を獲得しています。

和歌山県 18万5,400トン(全国シェア約17%)
愛媛県 16万8,300トン(全国シェア約16%)
静岡県 14万6,200トン(全国シェア約14%)
※2007年のデータ

海藻粉末の会社がなぜお歳暮にブランド「有田みかん」なのかというと、この有田みかんは栽培肥料として海藻粉末を使っているからです。

海藻粉末はミネラル分をはじめ、土壌に各種栄養素を補給し有効微生物を増殖させます。その結果、土壌の団粒構造化・発根促進・養分吸収促進・生育促進・樹勢旺盛となり果樹が元気になるのです。

生育旺盛になれば、みかんもたくさん成り、品質向上が望めます。特に海藻粉末は糖度向上、食味向上、着色増進、果実肥大、増収が期待されます。海藻粉末は果樹農家さんにとって欠かせない肥料となっています。

以前はみかん農家さんが海藻粉末を使っていることは企業秘密だったようですが、今はどの農家さんも品質向上のため使用しているようです。

読者の皆さんも、もしお庭に果樹が植わっていたら、ぜひ海藻粉末をお試しください。丁度この寒い時期は寒肥の季節。通常の肥料に海藻粉末を加えてみてください。上振りだけで効果が出ます。

【関連商品】
北欧産海藻粉末「アスコシーグリーン」
フィリピン産海藻粉末「ホンダワラ」

【関連記事】
[50]みかんの糖度を上げる魚腸木酢液

Follow me!

[77]有田みかんと海藻粉末” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。