[111]ナメクジ対策はスラゴで解決

気候が良くなり、園芸真っ盛りですが、この時期の厄介者といったら「ナメクジ」。暗くなると同時に、ぞろぞろ出てきて、新芽や花びらなどを食害します。朝になるとテラテラとした徘徊の跡がびっしり。ためしに夜、懐中電灯で花壇をチェックしてみてください。大量のナメクジにぎょっとするはず。

ということで、今日はナメクジ対策に効果のある資材をご紹介します。

いままで殺ナメクジといえば、メタルアルデヒドを使った誘引殺虫剤が主流でしたが、現在は毒性のない燐酸第二鉄を使った誘引殺虫剤が主流です。収穫直前まで使え、ペットにも安心、さらに雨にも強いという優れものです。

お勧めはこの製品。

MICナメクジ退治「天然物由来(燐酸第二鉄)誘引タイプ」300g入り

300gでは足りないという方はこちら。

スラゴ

スラゴ

スラゴ「ナメクジ退治」誘引タイプ・ペットも安心【1kg入り】

MICナメクジ退治はベージュ色の粒、スラゴはグリーンの粒ですが、この製剤は特許品なので、中身は同じものです。

使用量は1m2あたり1~5gなので、広さにあわせてお使いください。

さて、次にお勧めするのが「椿油粕」

椿油粕にはサポニンが含まれており、これがナメクジや昆虫の表皮の油や粘液を洗い流してしまう効果があり、忌避材として使います。殺虫効果はありませんが、安全で、分解後は肥料にもなります。

椿油かす【椿油粕】ペレット【2kg】

ご家庭の菜園にあわせてお使いください。

【関連記事】
[38]ナメクジの季節
常識ぽてち[547]カタツムリとナメクジ

Follow me!