[114]マルチをした後の施肥方法

タマネギマルチ

雑草防止や乾燥防止のため農園ではマルチを株元に施します。畝を作ったときに元肥は入れますが、植えてしまった後の施肥はどうやるのでしょうか?

◇マルチ使用の場合の追肥

・マルチの穴から施肥する

マルチの植え穴より施肥する方法です。株元至近の施肥になりますので、高度化成肥料等は根やけやガス害に注意する必要があります。追肥ですから即効性が求められますが、できればカツオくんなどのアミノ酸系有機肥料が穏やか効き目も確かです。

・株間に施肥の用の穴を開け、そこから施肥する(穴肥え)

株から離して施肥するので根やけやガス害の心配はありませんが多少手間がかかります。トマトやナスキュウリなど十分な株間、条間がある場合はこの方法がよろしいです。逆に玉ねぎ類など株間が狭い場合は行いません。

・マルチをはがして施肥する

マルチをはがして、施肥する方法ですが、はがした後は戻すことができませんし、雑草対策としても芳しくありません。お勧めできない方法です。

・液肥を使う

マルチの穴や葉面散布で液肥を施す方法で、実際農家さんでも一番多い方法ですが肥料代が倍増するのが難点です。

【関連資材】
穴あきタマネギマルチ【5条用】(95cm×10m)【9515】

Follow me!