[377]ニーム核油かすの使用方法

土壌環境を改善する効果のあるニーム核油かす。
プロ農家さんでも予防を兼ねて必ず使う資材です。

ニームに含まれるアザディラクチンをいう成分が、害虫の対策になり、また肥料成分もあるため肥料としても利用されてきました。

この有効成分「アザディラクチン」は合成殺虫剤のように直接神経毒のように働くものではなく、害虫のホルモン系に作用して食欲を減退させるという作用で効果を発揮します。耐性を生じないという特徴もあります。

アザディラクチンは厚生労働省にて人の健康を損なうおそれが無い物質として認定されています。(平成17年11月)
有機JAS適合資材でもあることから安全無害であり、かつ虫害対策にもなるということで多くの農家さんに使われている資材なのです。

ところが…です。

毎回使っているけれども、どうも効果が希薄である、という意見も多いのです。

《お客様からのご質問》
>他社のニームを使っているが、効果を実感できないが、貴社の商品はいかがですか?

じつは、ニーム核油かすは当初ニーム協会のほうで使用量を決めましたが、実際のところそれでは少なく、倍の量を使って初めて効果が出るとの経験上の報告があります。
今のところ、仕様は変更されないので、使用されるほうにおいて調整するしかありません。

ニーム油粕は【規定の倍の量を使う】ということでお試しください。

なお、肥料成分も倍になりますので、過多にならないよう他の肥料の使用量を調整してください。

[顆粒]ニーム核油かす【20kg】(N6-P1-K3)【有機JAS適合資材】
ニームケーキパウダー(粉末ニーム核油粕)(N5-P1-K1)【20kg】【有機JAS適合資材】
※ニーム核油かすは【特殊肥料】のため成分は保証しておりません。

Follow me!