[392]景観用の種子でお勧めの「コスモス」

前回は夏の風物詩ともいえる景観用の種子「ヒマワリ」をお勧めしました。

今回は、コスモス。

晩夏から秋にかけて野山を彩る花といえばコスモスですね。
ヒマワリとともに景観用の種子としてとても人気が高いです。

コスモスセンセーション

種類は…

・黄色い花の黄花コスモス。
・色とりどりのコスモスセンセーション。
・背丈の低い矮性のポニー。

お勧めは、黄花コスモスとセンセーションです。

黄花コスモス

黄花コスモスは黄色い花色で、春まきで夏には咲く早生種です。
丈夫で草丈もしっかり咲くので、見映えがします

センセーションはピンクを中心にミックスされた品種です。コスモスといえばコレをさします。

ポニーは草丈の低い品種で、まとまりが良いのですが、価格が高いのが難点。

コスモス ポニー

しかし、これを補う技があります。

→センセーションの遅まきです。

コスモスは春播きですが、これを7月初旬に播くのです。
すると成長期がちょうど真夏のため、生長がとまります。
草丈が伸びないんですね。

そして秋になると、そのまま花芽を持ち、気温が下がり始めると開花します。
つまり背丈を低く保ったまま、楽しめるというわけです。

コスモスが咲く時期は、ちょうど台風のシーズンです。
去年(2019年)も台風被害で各所のコスモス祭りが中止になりましたね。

夏まきで草丈を低く保てれば、台風にも耐えるかもしれません。
ぜひ、コスモスにチャレンジしてみてください。

【景観用種子】コスモス|優良品種|秋桜【500g入り】
センセーション(中生)
ポニー(早生)
黄花コスモス(極早生)
※品種は選択肢よりお選びください。

Follow me!