[421]緑肥用の種子を食用にできるか?

よくいただく質問に、以下のようなものがあります。

『この六条大麦は収穫物を食用にしても大丈夫ですか?』

これは、かなり多数のかたに質問されます。

結論から申し上げれば、収穫物をどのように利用されるかはお客様の自由です。

緑肥用途、飼料用途、観賞用途、食用用途…etc

しかし、販売側としては、いろいろな事情があり、

『食用として使えます』

とは言えないんですね。

というのも、種子は農水省の管轄で、厳しくその販売用途を決められているからです。
逆に言えば、「緑肥として販売するので許可してください」と言っているものを飼料用として販売したら、「それは違うでしょ?」と言われてしまいます。

ましてや、食用となると、これは国の穀物管理にかかわることなので、さらに厳しい。
そんな事情があるのです。

では、実際に緑肥用の麦を育てて、その収穫物を食用にできないのか、と言ったらそんなことはありません。
緑肥用でも食用でも麦には変わりまりませんから。

六条大麦は麦茶にするとおいしいので、ぜひ(内緒で)お試しください。
#と公言はできないのですが…

六条大麦|大麦種子|家庭園芸実験栽培用【100g】 
二条大麦|大麦種子|家庭園芸実験栽培用【100g】
小麦種子|緑肥|家庭園芸実験栽培用【100g】

Follow me!