キトサンは昆虫やカニの甲殻に 自然に含まれる天然成分です。生物の活動に必要なブドウ糖や砂糖よりも毒性が低いといわれるほど安全で、もちろん副作用もありません。

植物は大地・自然界からさまざまな経路を経てキトサンを吸収しており、その野菜などの食物を経て私達も体の中にキトサンを取り込んでいます。

しかし今は農薬や化学肥料の多用で大地は痩せてしまい、そのキトサン量も減ってしまったのが現状です。したがって天然資源から作られるキトサンをむしろ大地に還元し、農作物に吸収してもらうことが地球環境に必要なのではないでしょうか。

キトサンは化学合成された農薬でも肥料でも栄養剤でもありません。全ての生物(もちろん人を含む)が安心して使用できる天然の資源(バイオマス)なのです。