①圃場準備と施肥

ロータリー耕で耕起整地、適正施肥をします(酸度矯正が必要な場合は、苦土石灰を100kg/10a程度散布)。糞尿の大量施用は、倒状の発生要因や硝酸態窒素の蓄積などの要因となりますので、注意してください。

 

②播種適期・播種量

〇南東北・関東 9月下旬~10月中旬

〇関東以西   9月下旬~10月下旬

〇四国・九州  10月上旬~11月上旬

西南暖地の極端な早生系の早まきは、いもち病を誘発するおそれがあります。対策として、高温期の播種を避け、9月中旬以降に播種するようにしてください。一般的に晩生品種の方が羅病しにくい傾向にあるので、ムサシ、ジャイアントを推奨します。

 

③播種方法

ブロードキャスター、ライムソワーなどで播種します。播種後は浅耕ロータリー、ローラー鎮圧を必ず行います。

 

④雑草対策

ホトケノザ、ナズナなどの常発畑では、播種量を増量することで耕種的防徐が可能です。(5~7kg/10a程度)

 

⑤冬期ムギダニ対策

イタリアンライグラスを中心に、晩秋から春季にかけてムギダニが多発しています。被害が甚大になりますと、イタリアンライグラスの葉は黄化し、やがて枯死に至ります。被害を防ぐために適期播種を心掛けましょう。被害状況により、収量的な回復が見込めない場合は、播き直しを行います。アーリーキングニューオーツの導入が適します。また、薬剤による対策として、スミチオン乳剤(1000倍)の噴霧を遅くともイタリアンライグラス収穫の1ヵ月前までに終えるようにしてください。

 

※倒状防止対策

改良ライコーンハヤドリ2の混藩利用が効果的です。

※イタリアンの播き遅れ対策

●イタリアンの適期播種が遅れる原因として

①秋の長雨や台風などによる夏作物の生育、収穫遅れ。

②稲ワラの収集期作業の競合。

●その対策として

ジャイアント、ムサシなど中晩生~晩生品種が、播種期幅による収穫変動が少なく、安定しています。

早生系品種では、低温の伸長性や収穫までの生育期間が限定され、乾物量が低くなります。

※播種量のポイント 4~6kg/10a やや多めとします。

 

収穫利用 ※出穂初に刈り取り始めると、嗜好性もあがります。

Ⓐロールベール+ラッピングの場合

出穂初~出穂期に刈り取り、半日~1日予乾後、水分60%位に調節し、ロールベーラーで巻き、ラッピングします。出穂期以降では、乾物収量は高くなりますが、消化性、嗜好性は低くなります。

Ⓑ乾草利用の場合

草丈80cmを目安に、好天を見計らってモアコン等で刈り取り、乾燥を促進させ、梱包します。

Ⓒ青刈り利用の場合

出穂期以前に刈り取ると、再生が良好となります。4倍体品種のジャイアントのほか、ムサシをおすすめします。

 

 

 

《イタリアンライグラスの主要特性》 ◎最適・極強 〇適・強 △やや不適・弱

商品名早晩性耐寒性耐雪性耐病性春播適性耐倒伏性草丈cm一番草二番草利用法利用型
生草収量
kg/10a
乾物収量
kg/10a
生草収量
kg/10a
乾物収量
kg/10a
サイレージ乾草
あかつき極早生906,8001,2004,000680
ゼロワン早生1157,5001,1004,200700
ライジン早生1208,5001,5004,200700
いなずま早生1158,0001,4004,000680
さつきばれEX中生1409,0001,7004,5001,000
エクセレント2中生1408,9001,7004,5001,000
ゆきつよし中晩生1408,8001,7004,5001,000
ジャイアント中晩生1408,5001,3004,500900
ムサシ晩生1259,0001,3005,600900
ダイマジン晩生1259,1001,3505,650950
 ※収量につきましては、地域・天候・収穫時期により異なりますので目安とさせて頂きます。

 

《イタリアンライグラスの出穂期表》 (関東標準・秋播き)

4/104/205/15/105/20
イタリアンライグラスあかつき
ゼロワン
ライジン
いなずま
ニオウダチ
ワセアオバ
さつきばれEX
エクセレント2
ゆきつよし
ナガハヒカリ
ジャイアント
ムサシ
ダイマジン

 

 

イタリアンライグラス 公的機関育成品種

ニオウダチ

(イタリアンライグラス農林17号)

(品種名 ニオウダチ

育成機関:畜産草地研究所

早生品種。耐倒状性は強い。

収穫ロスが少ない。

適地:関東以西

ワセユタカ

(イタリアンライグラス農林5号)

(品種名 ワセユタカ

育成機関:山口県農業総合技術センター

早生品種。草型は直立型。

葉幅がやや広く、茎が太い。

適地:関東以西

ヒタチヒカリ

(イタリアンライグラス農林16号)

(品種名 ヒタチヒカリ

育成機関:茨城県畜産センター

晩生品種。冠さび病抵抗性が強く、採草に適している。

適地:南東北から九州(積雪地帯は除く)

ワセアオバ

(イタリアンライグラス農林3号)

(品種名 ワセアオバ

育成機関:中央農業総合研究センター北陸研究センター

早生品種。収量は安定している。乾物率も高く、サイレージ及び乾草に最適。

適地:関東及び北陸以南

ナガハヒカリ

(イタリアンライグラス農林13号)

(品種名 ナガハヒカリ

育成機関:中央農業総合研究センター北陸研究センター

中晩生品種。耐雪性及び耐倒状性が強い。サイレージ、青刈り及び乾草に適している。

適地:積雪日数90日程度までの積雪地及び中部以西の高標高地帯

さちあおば

(イタリアンライグラス農林19号)

登録品種 (登録名 さちあおば)

育成機関:山口県農業総合技術センター

極早生品種。いもち病に対して中程度の抵抗性を持つ。

適地:西南暖地

 

 

飼料イネの裏作に肉用牛の放牧利用が普及しています

  • 品種は「いなずま」「ゼロワン」「ライジン」などの早生品種。
  • 播種量は4~5kg/10aを目安にしてください。
  • 草高15~20cmより入牧を開始します。
  • 移牧時は、3~5日間が望ましいです。