使用商品海藻エキス
■使用方法:灌水・灌注

使用時期希釈倍率使用回数使用目的
発根時10,000倍1~2回発根促進
樹勢の弱い時10,000倍1~2回樹勢回復

■使用方法:葉面散布

使用時期希釈倍率使用回数使用目的
新根の動き出す前5,000倍1~2回発根促進
開花後、落花後3,000倍1~2回新梢の伸長促進
摘果期5,000倍2~3回果実肥大促進
着色促進
糖度向上
果実肥大期3,000倍2~3回疲労回復
収穫期8,000倍1~2回
農薬、液肥との混合7,000~10,000倍年12回
効果:光合成を促進させ、養分の移動吸収の向上。葉の成長、葉色・葉肉・葉層・水色の向上、成り疲れ・生理障害対策、干害・凍霜害・病虫害の抵抗力アップ。液肥、木酢液、農薬との混合もできます。農薬カブレに効果。
使用商品アスコシーグリーン/海藻粉末
使用方法中耕、上ぶり又は穴あけ
元肥、追肥時に混合
新植園:300kg~500kg/本
成木園:75kg~125kg/10a
使用目的:海藻に含まれる豊富なミネラル、微量要素などにより、有効微生物の増殖、発芽、発根、光合成を高めバランスの良い、健康な土壌、作物を育てるのが目的です。それにより、病害虫に対する抵抗力が増大し、豊富な海藻の栄養は着色増進、増糖、増収、貯蔵期間の伸長などが期待でき、又差別化商品のプロセスとなりうるのです。
効果:葉の成長、色合い、葉肉、葉層、水色の向上、増収、吸収根の活力が向上。

上記の使用量と希釈倍率は目安です。生長状態によって濃度・散布量を適宜変えてください。

生産者の声
長野県:巨峰
使用商品:海藻のエキス
作付面積:4反
使用方法:葉面散布 5,000倍 計8回
使用効果:樹勢が強く、葉やけがなくなり、実へ養分が十分に移行されるので、果粉量が多くなり、糖度・食味(コク)が向上し、味のバランスが非常によくなる。
山梨県:巨峰
使用商品:海藻のエキス
作付面積:4反5畝
使用方法:葉面散布 3,000倍 年間15回
灌水 反当り100g 月1~2回
使用商品:アスコシーグリーン
使用方法:1本の樹に対し、2袋(50kg)うわ振り。
使用効果:葉が立つ(遮光されず、受光面積がおおきくなる。)
玉張りが良く、日持ちも格段に向上する。反収量もあがる(2t)。
栃木県:巨峰
作付面積:4反5畝
使用商品:海藻エキス
使用方法:葉面散布 5,000倍 週1回 計15回 灌注も行う。
使用商品:アスコシーグリーン
使用方法:樹3本に対し、2袋うわぶり。
使用効果:玉張りが良い。秀品率が9割。病気にかかりにくい。
山口県:巨峰
使用商品:海藻エキス
作付面積:2町歩
使用方法:葉面散布 5,000~10,000倍 合計 8回
使用効果:果粉量が多い。着色が良い。香りが強い。味のバランスが良い。樹勢が良くなる。コクがでる。糖酸比が高い。糖度、酸度の部位別のバラツキが小さい。細胞の大きさや形が均一で丸い。表皮のすぐ内側の細胞がしっかり発達する。