使用商品海藻のエキス

 

■使用方法:葉面散布

使用時期希釈倍率回数
育苗期10,000倍(100Lに10g)1~2回
定植直後10,000倍(100Lに10g)1回
その後3,000~5,000倍(100Lに20)33g)月2~3回
定植直後に灌水又は葉面散布することをお薦めします。
活着促進&安定を目的としているからです。
*収穫の10日前ぐらいまで散布可能。
散布量:300~400L/10a

■使用方法:灌水・灌注

使用時期希釈倍率使用回数
灌水時反当り 50~100g月4~5回
液肥・農薬との混合10,000倍
散布量0.8~1.5L/3.3m2

 

効果:光合成を促進させ、養分の移動吸収の向上。葉の成長、葉色・葉肉・葉層・水色の向上、成り疲れ・生理障害対策、干害・凍霜害・病虫害の抵抗力アップ。
液肥、木酢液、農薬との混合もできます。農薬カブレに効果。

 

使用商品アスコシーグリーン/海藻粉末

 

使用方法元肥3~4袋/10a (1反)

 

使用目的:海藻に含まれる豊富なミネラル、微量要素などにより、有効微生物の増殖、発芽、発根、光合成を高めバランスの良い、健康な土壌、作物を育てるのが目的です。それにより、病害虫に対する抵抗力が増大し、豊富な海藻の栄養は着色増進、増糖、増収、貯蔵期間の伸長などが期待でき、又差別化商品のプロセスとなりうるのです。
効果:葉の成長、色合い、葉肉、葉層、水色の向上、増収、吸収根の活力が向上。

上記の使用量と希釈倍率は目安です。生長状態によって濃度・散布量を適宜変えてください。

生産者の声

 

茨城県:
使用商品:アルギンゴールドエキス
使用方法:二日に一度灌水 100g/5反
週一回葉面散布 5,000倍 100L~200L
使用効果:海藻エキスを使用し成り疲れが無く、まるでジベレリンを使用している時の様に中休み無く葉が立ち次から次と花芽が出てくる。糖度、旨味、コクがかなり出てくる。糖度は最高16度にもなった。灌注パイプは中央に一本、外側に各一本と非常に栄養供給の効率の良い施設システムを設けている。地温平均15℃前後、ハウス内気温11月で26~27℃。収量シーズン6~7t。またボカシにも( ノルウェー産海藻粉末)を設計に組み込んでいる。安全で美味しい作物を作るにはバランスのとれた施設、栄養素を与える事が大事との事。
栃木県:栃乙女
使用商品:海藻のエキス
使用方法:月2~3回灌水
使用効果:海藻のエキスには微生物、微量要素を多く含んでおりミネラル補給にもなり旨味、味が良くなる。病虫害の防除にも効果があり特にウドンコ病の予防、防除にもなっている。海藻には様々な植物生長成分が含まれており特にジベレリンは葉を立たせ、継続収穫に必要な芽・葉が多くでる。継続的に使用している為か連作障害の軽減、連作による土壌の養分欠乏に対する効果も出てきている。
茨城県:
使用商品:北欧産海藻粉末
使用方法:反あたり4袋
使用効果:海藻には、天然のミネラル、微量要素、アミノ酸、ビタミン類がバランスよく豊富に含まれているため根張り、根量が増え養分吸収も良くなり、土壌中の微生物増殖にも効果あると思われる。連作障害対策、成り疲れ対策、糖度、旨味、コクもかなり出てくる。安全で美味しい作物を作るにはバランスのとれた栄養素を与える事が大事との事。
栃木県:
使用商品:北欧産海藻粉末
使用方法:反あたり4袋
使用効果:海藻には微量要素を多く含んでおりミネラル補給にもなり旨味、味が良くなる。継続的に使用している為か連作障害の軽減、連作による土壌の養分欠乏に対する効果も出てきている。