新旧ファミレスの現状と押し寄せる新しいフードサービス。果たしてファミレスは生き残れるのか?

2001年9月23日訪問:プチラパン(横浜元町)

プチラパン(横浜元町)
プチラパン(横浜元町)
訪問日:2001年9月23日
プチラパン(横浜元町)
横浜元町にある洋食屋「プチラパン」を訪ねた。ランチタイムは行列ができるという超人気店。テレビでも取り上げられたことのある有名店である。

いわゆるグラタンやオムライスが美味しい洋食屋さんである。横浜は石川町にある元町商店街の一角にある小さいお店、それがプチラパン。ラパンとはフランス語でウサギのこと。プチは小さいの意。つまり小さいウサギさんのお店です。

お店はビルの二階にあり、ちょっと見過ごしやすいですが、1階が派手な携帯電話ショップなのでそれを目印に行けばすぐ見つかります。ランチ時は多分外まで列ができていると思いますので、それが目印になるかも。

ここはシェフがフレンチ出身ということでフランス料理かと思いきや、店内の作りからしてもイタリアン料理店です。すがすがしい南欧をイメージしています。

訪問したのは9月の23日。三連休の中日ということでかなりの混雑を予想していきましたが、私達の前には6人ほどのグループ客がウェイティングしているのみ。30分も待たずに席につくことができました。ちなみにその6人組もインターネットで検索したらしく、なにやら印刷物を持っていました。インターネットは有名店チェックには欠かせませんね。

さて、最初にここにきたら注文するものは決まっております。それはオムライスグラタン\980です。常連さんはともかく、まずはこれを注文。周囲を見ても同じものを注文している人が多いことからも人気のほどが分かります。私たちは三人だったので、ほかに煮込みハンバーグ\1,100、ステーキ丼しば漬ソース\1,500を注文しました。待っている間にビールを頼み、つまみに自家製ピクルス\400を注文。これがまた絶品。

評判を聞いて注文した、オムライスグラタンは評判どおりの一品。懐かしい味がします。煮込みハンバーグも、しつこくないドミグラスソースとチーズのハーモニーがセンス有り。こちらはご飯とサラダドリンクのセット\600をつけることもできます。ステーキ丼しば漬ソースはなかなかボリュームが有り、若者向けかなという感じがしますが、残念だったのは肝心のステーキ肉が多少パサついていたこと。しば漬ソースということからさっぱりヘルシーを狙った商品かと思いますが、むしろカルビ肉あたりを使ったほうがしば漬ソースには合うのではないかと思います。

他にはパスタ料理、カルパッチョなど楽しい一品も多くあり、一度の訪問ではとても消化しきれません。ぜひとも数回は足を運んでみたい店です。


プチラパン(横浜元町)

元町商店街の一角にあるビルの2階に位置する「プチラパン」。階下は派手な携帯電話ショップなのですぐに見つかる。

プチラパン(横浜元町)

目印はこのコック姿のおじさん人形とグリーンボード。日曜日だったがランチもやっている。お値段はお手頃。

プチラパン(横浜元町)

メニューを見るとビストロ(洋風居酒屋)というよりイタリア色が濃い構成。オススメは「なつかしの洋食」。

プチラパン(横浜元町)

とりあえず、まずビールを頼む。

生ビールグラス\550
ジョッキ\650

プチラパン(横浜元町)

店内はこんな感じ。南欧風ビストロ。ご近所様御用達という感じの洋食屋さん。ドリンクだけのお客さんも多い。

プチラパン(横浜元町)

ハーブの利いた自家製ピクルス。ピクルスというと「酢漬け」というイメージだがすっぱくはない。早い話が漬物だ。\400

プチラパン(横浜元町)

「なつかしの洋食メニュー」から「オムライスグラタン」。ここの一番のメニューがこれ。ふんわり仕上げたオムライスをホワイトソースでグラタンにしてある特製メニュー。皆さんこれを食べにくるのだ。\980

プチラパン(横浜元町)

煮込みハンバーグはデミグラスソースでじっくり煮込んだ逸品。全体的にいえることだが、ここの料理は非常にあっさりしている。毎日でも通える洋食屋さんならではの味付け。\1,100と高め。ライスセットはスープ、サラダ、ドリンクが選べる\400から3種類ある。


プチラパン(横浜元町)

ステーキ丼についてくるポタージュスープ。フランス料理のシェフのこと、抜かりない味だ。


プチラパン(横浜元町)

オススメメニューのステーキ丼\1,500。ソースはしば漬けをミキシングした独特のもの。上質の牛肉がミディアムで焼かれ、その下にはモヤシが敷いてある。さっぱりとしたメニューだが、オススメの割に面白くない。致命傷はせっかくの肉がパサパサであること。他のメニューに飽きたヘビーな常連さん向きのメニューだろう。これを食べる前に、ここには食べるべきメニューがたくさんあると思う。

プチラパン(横浜元町)

パーティーの予約も受け付けている。お一人様\2,500より。

プチラパン(横浜元町)

手洗いとトイレは1箇所のみ。男女兼用。

プチラパン(横浜元町)

トイレはまあまあキレイ。濃い紺色の便器は汚れがかえって目立つ。

電話:***(閉店のため削除しました)
住所:横浜市中区石川町1-14-3 嘉山ビル2F
営業時間:平日11:00~15:00、17:00~(L.O.22:00)
定休日:月曜日
交通手段:根岸線石川町駅南口より 徒歩2分
カード:カードは使えません

2014年8月追記:
現在このお店はありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ご訪問感謝!

創刊:1998年5月
PAGETOP

Copyright(c) 1994-2019 ファミレス様、覚悟せよ! -デジタルたまごや All Rights Reserved.