新旧ファミレスの現状と押し寄せる新しいフードサービス。果たしてファミレスは生き残れるのか?

2006年7月1日訪問:伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン(1)

伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン(1)

訪問日:2006年7月1日
■伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン
伊東市にある八幡野は伊豆高原の別荘地でも有名な場所。ここに静かに佇まうのはリゾートホテル「オーベルジュ サンジュリアン」。
ホテルのシェフが目利きした厳選素材で作ったフランス料理フルコースが楽しめます。手間を惜しまず何十時間もかけて作るフォンをベースにした日本一のコンソメスープが味わえるという知る人ぞ知る名店(名ホテル)なのです。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■インドから取り寄せたという石の外壁が素敵なホテルの外観。あいにくの梅雨空でしたが緑の芝生がきれい。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■部屋に入るとすぐにウェルカムデザート「パンナコッタ」でおもてなし。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■サンジュリアンのメインはやはり夕食。一流のコックが手がける一流のフランス料理が楽しめる。遠方からのお客に料理を味わって頂く、そのために宿を用意するというのが正統派のホテル。写真はテーブルに飾られた庭の花。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■まずはシャンパンで乾杯。ワインはもちろんシャンパンも各種取り揃えている。価格は宿泊代より高いものもあるので予算はたっぷり用意したい。
写真はPAILLARD(ブルーノパイヤール)のシャンパン(ハーフボトル)。酸味が利いていて料理が映える。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■オードブルの前に出てくるアミューズグールは酒の肴という意味。パルマ産の生ハムを練りこんだクリームチーズ。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■オードブルはフレッシュフォアグラとレバーのパテに洋梨のポルト酒漬けをトッピングしたショーフロア仕立て。手前は歯ごたえのある白アスパラとキャビア。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■プラス2100円の追加料金で選べる日本一との評判が高いコンソメスープ。ビーフの濃厚な香りを楽しんだ後、口に含めば色々な素材の味がくっきりとわかる絶妙な一品。高いけどお試しの価値はあります。お持ち帰りの場合は2人前で8,400円(税込)とのこと。
伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン|ファミレス様、覚悟せよ!
■こちらは通常料金で提供されるそら豆の冷製スープ。うまみがあって美味しい。

■伊豆高原 オーベルジュ サンジュリアン

〒413-0232
静岡県伊東市八幡野1298-68
TEL:0557-54-5670
FAX:0557-54-6618
チェックイン:15:00(最終チェックイン:17:00)
チェックアウト:10:00
交通アクセス
伊豆急行線 伊豆高原駅よりお車で約3分・徒歩約14分/東名厚木ICより135号線 下田方面へ90分
駐車場有り 11台 無料

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ご訪問感謝!

創刊:1998年5月
PAGETOP

Copyright(c) 1994-2019 ファミレス様、覚悟せよ! -デジタルたまごや All Rights Reserved.