新旧ファミレスの現状と押し寄せる新しいフードサービス。果たしてファミレスは生き残れるのか?

アナハイムのホテルで朝食(2000.05.27)

5/27 アナハイムのホテルで朝食

ロスの朝はとてもさわやかである


今回お世話になったホテルはアナハイムのフェアフィールドイン。朝食は朝7時からサービスされる。ビュッフェ形式だが日本人が多いのか白飯も用意されていた。ただし炊き方はムラがありおいしかったりおいしくなかったり。ふりかけ、味付け海苔が用意されていた。


私はベーグルを食べたが、3種類用意されておりいずれもナイスなテイストであった。コンチネンタルな朝食ではあったが、バリエーションは多い。

5/27 昼食 Carl’s Jr.

今日の昼食はアメリカのファストフードの中でも繊細なメニューを展開しているカールズジュニア。ハンバーガーのほかポテトと特大ドリンクがついて約5ドル。アメリカでのランチはどこでも5ドルが相場。量はこれでもかというくらい多い。アメリカ人は太るわけだ。 (カールズジュニア http://www.ckr.com/

5/27 夕食はソウルガーデン


タスティンのモールでショッピングのあと、ひとしきり歩いて夕食はソウルガーデンでコリアンバーベキュー、つまり焼肉バイキング。


日本の焼肉屋は今はほとんど無煙ロースターを使っているが、ここは昔ながらの天井にグリスフィルターが設置されているタイプ。しかし店内はきわめてクリーン。


アメリカレストランの常で、最初に飲み物をオーダーする。そのあとはお好きなだけ肉をチョイスする。肉だけでなくシーフードも豊富。サラダ、キムチ、フルーツのほかソフトクリームも食べ放題。総勢20名で500ドルの出費。それでも一人当り25ドルは安いの一言。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ご訪問感謝!

創刊:1998年5月
PAGETOP

Copyright(c) 1994-2019 ファミレス様、覚悟せよ! -デジタルたまごや All Rights Reserved.