喉を開くといってもよくわからん?

2015年1月31日

フルートの音を出すときに、よく言われることが「喉を開けて口の中を広く保つ」です。
これを意識してやってみると、確かに太い音、大きい音、まろやかな音になることが分かります。

なんとなく吹いていてピーキーな音になるときは口の中が狭くなっていることが多いです。特に高音。

そこで意識して口の中を広くしようとするのですが、無意識のうちに広くなるようでないとダメですね。

そこで、練習方法を探したところ、Youtubeにありました。
http://youtu.be/GLNlCLS9Syw
Masakazu Tachibana さんのレッスン動画ですが、その中に「あくびの時の喉の状態をキープ」があります。(1:26あたり)

また、2:26あたりに「声を出しながらフルートの音を出してみる」があります。

これなどは、喉を開くといっても感覚的に分からない場合は良い方法だと思います。

早速やってみよう。