ジャズフルートレッスン(6回目)

2016年8月22日

渋谷のレッツスタジオでレッスン。

昨日、歯茎のプチ手術をやられてしまって、なんとなく血の味を感じながらのレッスン。
でも、頑張るぞ。

まずは音出し。
ロングトーンはメトロノーム♪=60で。
Fスケール音出しは♪=63で。
このあたりは細かく。

Bye Bye Blackbird
Bye Bye Blackbird

課題曲はBye Bye Blackbird。
2連の8分音符は3連符を意識して吹く。
つまり最初の音は2/3として長め、続くは1/3。
これはジャズ特有のノリ。

続いてアドリブの練習。
2小節ずつ先生の後に続いて同じように吹く。
ま、言ってみればソルフェージュ。
これはOK。

続いて4小節ずつ。
これは追えないので、適当にと。
いろいろやってみる。
なかなかよいとお褒め。
うれしい!

アドリブ部分を作ってもらって、譜面にしてもらう。
これを吹いてもらって、録音。
なかなか好いフレーズ。

少ない音でいかに曲にあったアドリブをするかが課題。
アドリブが少しできるようになると、どうしても音が多くなって結局何がいいたいのか分からなくなる。
スケールの継ぎ足しになり勝ち。

それを防ぐには、まずアドリブ部分を少ない音で作曲する。
そしてそれに肉付けしていくとよさそう。

レッスン後渋谷KokoのKBでBye Bye Blackbirdをやってみる。
うーん、いろいろな音が出てしまってうまくできなかった、がこれも練習のうち。