高齢者がリズム感を取り戻すには?

2016年8月22日

フルートに限らず、高齢者が楽器を始めるとき、一番の難関が「リズム感の無さ」ではないでしょうか?

若いときはノリノリだったのに、なぜかリズムに乗れない。
ライブなどで手拍子をしていても、いつのまにかずれている。

あれー??
って感じ(笑)

加齢とともに、リズム感が離脱してしまっているんですね。
というより抜け落ちてしまっている感じ。

これを回復するには、練習しかないです。

まず、音出しのスケール練習ののときに必ずメトロノームを使います。
速度は♪=60くらい。
この脈拍と同じくらいの速度で、ゆっくりリズムを取ります。

Invitation
Invitation

脈と同じくらいというのが結構効くみたいです。
速くしてはだめです。

次に、タンギングの練習。

これは♪=112でイーブン(同じ長さで)1小節4拍トゥートゥートゥートゥー。
正確に刻むように意識して吹きます。

これを数週間、欠かさずやるだけで、ずいぶんとリズム感は取り戻せます。

あとは、いろいろな曲をよく聴く事。
できればスキャットで合わせて歌うことです。
昔のイレブンPMみたいにダバダバダーでいいです。

え、懐かしい?(笑)

11PM オープニング