ナガハラとパウエルの頭部管を試す

2016年8月22日

5月9日は渋谷でジャズフルートのレッスン。
16時半の開始時刻までにはちょっと時間があったので、有楽町で降りて山野楽器へ。
しっかし山野楽器5階の管楽器売場は、ほんと目の保養になります。
垂涎モノがズラーリズラズラ…

で、今回の目的は頭部管。
いろいろな人に、今の楽器はどうだと聞くと100%
「いいんじゃない?」
「ジャズ向きのよい音しているよ」
「変える必要は無いんじゃ?」
と返ってくる。
あるいは、
「古い楽器は良いつくりしているから、これからも使えるよ」
「でも、頭部管は銀にしたほうがいいかも」
とのお言葉。
正直不満(笑)
もっといいのにしようよ、って言ってよ(笑)

悩みとして、本体を総銀製に変えれば50万円はかかるけど、頭部管だけ変えるならそんなにお金はかからない。
ま、これはお金の問題じゃないけれど。

ということで、レッスンのためマイフルートを持ってきているので、店員さんに「これに頭部管を刺して色々音を試したい」というと、いいですよ、と快い返事。

ジャズフルートを習っていることを伝えたせいか出してきたのがナガハラとパウエルの頭部管。
セロテープで隙間を調節して我がムラマツに刺す!

で、この場で吹いていいと!
えーーお客さんいっぱいいるじゃん!
(おりしもフルートフェア中)
と思ったけど、臆さず吹いちゃいました。

ナガハラ&パウエル
ナガハラ&パウエルの頭部管見積もり

ナガハラ Ag950 0.015
¥129,600(税込)※中古※管厚0.015インチ

初めての頭部管交換ですが、やはり音が違うし、しっとりしている感じ。
すんなり音が出たので、吹きやすいかも。
ナガハラのフルートは同門の生徒さんが持っていて先日演奏を聞かせてもらったばかり。
ジャズに合う良い音がします。

パウエル Ag #151009
¥189,000(税込)※中古

ナガハラとは歌口の形状が全く異なりますが、同じように吹きやすく、ジャズっぽい音が出ます。
これがパウエルなのでしょう。
しかし頭部管を変えるだけでパウエルになるとはなんともお得な感じ?

今日ははじめての頭部管、ということで2本ためさせていただきましたが、どちらも良い感じ。
マイフルートは発売当時2万円強の総洋銀学生モデルですが、こんなチープな胴部管でも頭部管を変えるだけで音が変わることを実感できて有意義でした。

試した頭部管は中古で安価なほうでしたが、上を見たらキリがありませんが、頭部管を変えるというのはなんとなく面白いです。
演奏家さんは、コンサート会場や曲によって頭部管を変えて演奏することもあるようで、なんとなくそれもうなずけます。

※価格は2015年5月9日現在。