ジャズのCDはスタンダードで

ジャズのCDのハナシです。

ミュージシャンはCDを作る際に、オリジナルを重視するようです。
著作権料の関係もあるのだと思います。
コンサートやライブなどで手売りをするなら、オリジナルのみのCDもいいと思います。
ライブを聞いて気に入った人が買うのですから。

でも、ショップなどで、物色しているときに、知らないアーティストで、その収録曲がすべてオリジナルだったら…?
視聴ができればいいんでしょうけど、手に取るだけで、すぐに棚に戻してしまうことでしょう。

CDを買う際に、一番気になるのが収録曲です。
知っている曲があるかどうか?
これ重要。

私なんかも、ジャズスタンダードを演奏するための資料として、買う時の判断材料は、知っている曲が入っているかどうかです。
全曲ジャズスタンダードだとすごくうれしい!
値段は高いですけどね。

ジャズスタンダードは、多くの人に愛されているから「スタンダード」なのです。
ちなみにピアニストの場合、一番力量が試されるのがソロ。
全曲スタンダードでソロアルバム…出してくださいね、ピアニストの皆さん(笑)
買いますよー

ジャズピアニストの山岸笙子さん