スイングな曲をボサノバで演るには?

フルートはやっぱりボサノバが似合う。

ということで、スイングなジャズの曲をボサノバでやる方法を考えてみた。

色々な音源を聴いてみると、

1.アップテンポなスイングジャズの曲は、そのままのテンポでボサノバで。

2.スローなバラードの曲は倍テンでボサノバに。

という、例が多い。

バラードのポルカドッツ → 倍テンでボサノバ

4ビートのムーンライトセレナーデ → 倍テンでボサノバ

4ビートのカムフライウイズミー → そのままのテンポでボサノバ

倍テンは「倍のテンポで」という語彙ではあるが、実際には同じテンポ。

リズム刻みが倍になるだけなので、実際の尺も同じ。

なので、長くなる時は、サビ戻りで、あっさり終わるのが良い。

倍テンは「ダブルタイム」とかいう言い方もあるが、セッションなどでは「倍テン」が通りやすい。

ということで、倍テンボサノバでいろいろやってみよう。