アルタスA1107を購入

2017年4月15日

つくばiiasのヤマハで試奏をしたアルタスA1107。
管体銀製でその使っている銀も頭部管Ag958(ブルタニアシルバー)管体Ag958(ブルタニアシルバー)。
比重が重く、ずっしり感がある。
こりゃ、鳴らすの大変そう…

アルタスA1107

音色は予想通り落ち着いている感じ。
ムラマツのような派手さは無いけど、なにより音程が良く、どの音も音量的にバランスがいい感じ。
表現もつけやすく、どんな曲もオールラウンドに使えるみたい。
このアルタス2本。
両方とも型番はA1107Eで同じもの。
でも吹き比べると微妙に異なる。
どこが?と聞かれると答えるのに困りますが…
結局、音の繋がりが良く感じられた、左の1本をお持ち帰りしてしまいました。
いやー、衝動買い!
お店の人も、え?買うの??って焦ってました(笑)
やっとスタンダードなフルートをゲット。
いやしかし、これでいよいよ演奏の悪さをフルートのせいにできなくなりました(笑)