ビジネスマナー

国際化に立ち向かう日本企業が一番苦手とするのが「契約」。日本人は「信頼関係」を重視するため契約書は単なる形式と勘違いしている人が多く、国際取引では必ず「そんな契約内容とは知らなかった」事件がおこります。契約とは当事者の義務と権利が記さ ...