葬儀・法事に関するマナー

忌中(きちゅう)とは親族が亡くなったときに「死の穢(けが)れを忌(い)む」期間のことをいいます。忌中については服忌令(ぶっきりょう)に基づいて決められており、神道の氏子の場合は50日、仏教では49日となっています。

結婚に関するマナー

結納のときに収める小袖料(こそでりょう)は本来着物そのものを納めたものですが、最…

結婚に関するマナー

婚礼のお祝として、現金ではなく品物を贈る場合があります複数のグループで出し合えば…