労働契約法(第五章)労働契約の展開(2005.試案)

知って得する労働法

楽しく仕事をするために、知って得する、知らなきゃ損する労働法。貴方の職場は大丈夫?
泣き寝入りしないために、身近な労働法をやさしく解説していきます。

労働契約法2005年試案

第一章総則

 

(1-4条)

第二章労働契約の締結

  第1節労働契約の成立(5-8条)
  第2節労働契約の期間(9-12条)
  第3節採用内定(13-15条)
  第4節試用期間(16-17条)
第三章従属的自営業者の扱い及び非典型雇用の均等処遇
  (18-21条)
第四章労働契約の内容
  第1節労働者及び使用者の権利と義務(22-27条)
  第2節賃金及び労働時間(28-32条)
  第3節労働者の職業的能力及び職業的財産の尊重(33-38条)
第五章労働契約の展開
  第1節労働契約の変更(39-43条)
  第2節配置転換・出向・転籍(44-46条)
  第3節事業の移転(47条)
  第4節多数当事者間の労働契約関係(48条)
第六章契約違反と責任
  (49-52条)

第七章労働契約の終了

  第1節解雇(53-60条)
  第2節退職(61-62条)
 

参考資料・条文など

最新版「知得労」へ
労働契約法試案(平成17年)
育児・介護休業比較
雇用保険平成15年5月1日改正後の所定給付日数
社会保険・年金給付一覧
退職金規程(サンプル)
職業安定法(抄)
労働基準法全文(平成11年)
 

カテゴリ

新カテゴリ

モラハラ・セクハラと女性
副業
労働契約
就業規則
年次有給休暇
残業・賃金
解雇
読者Q&A
退職
雇用・労災・保険
 

この労働契約法の条文は2005年に作成された試案です。決定ではありません。参考資料としてお使いください。

 

第五章 労働契約の展開(2005.試案)

第2節 配置転換・出向・転籍

(配置転換)
第44条 使用者が労働者を配置換えする場合には、新たに就く職務内容、場所及び労働条件を書面に明示のうえ、遅くとも4 週間前(定期的配置換え等事前に想定できる場合には2 週間前)に、労働者に通知しなければならない。

2 当該配置転換が契約内容の変更となる場合には、労働者の同意を得なければならない。当該配置転換が、第40 条第1 項ただし書に定める約定変更権の行使に基づく場合において、労働者が配転に応じることが困難な事情を述べたときは、使用者は、前項の書面のほか、当該事情を考慮したうえでも必要とする業務上の具体的理由、配転対象選定理由等を書面で明示のうえ、労働者の了解が得られるよう協議を尽くさなければならない。

3 労働者の転居を伴う配置転換については、使用者は、転居又は別居によって被る労働者及びその家族の職業上、生活上の不利益にも十分に配慮しなければならない。この場合、第1 項の通知は、遅くとも4 週間前(定期的配置換え等事前に想定できる場合には3 週間前)までに行う。

4 使用者は、定期的配置換えを行う場合には、労働者代表と協議のうえ、配転手続、配転地域、標準的配置期間、配転に係る処遇、対象労働者及びその選定方法等をあらかじめ定めておかなければならない。

(出向)
第45条 使用者が、労働契約を維持したまま、第三者にも使用者としての責任を引き受けさせて第三者のもとで就労させる場合(以下「出向」という。)には、出向先、出向期間、職務の内容、職務上の地位及び勤務地並びに出向期間中及び復帰後の賃金、退職金算定方法等の労働条件を明示のうえ、労働者の同意を得なければならない。

2 出向が第40条第1 項ただし書に定める約定変更権に基づく場合には、使用者は、遅くとも4 週間前に、前項に定める労働条件を明示しなければならない。労働者が出向に応じることが困難な事情を述べたときは、使用者は、当該事情を考慮したうえでも必要とする業務上の具体的理由、出向対象選定理由等を書面で明示のうえ、労働者の了解が得られるよう協議と説明を尽くさなければならない。

3 労働者の転居を伴う出向については、前条第3 項前段の規定を準用する。

4 使用者は、労働者を出向させる場合には、労働者代表と協議のうえ、出向先の範囲、出向手続、出向期間、出向期間中及び復帰後の労働条件、対象労働者及びその選定方法等をあらかじめ定めておかなければならない。

(転籍)
第46条 使用者が、その労働者との労働契約を解約し、第三者と新たな労働契約を締結させ、そのもとで職務に従事することを求める場合(以下「転籍」という。)には、転籍先の業務内容、経営状況及び転籍後の労働条件を明示のうえ、転籍時に近接して労働者の同意を得なければならない。第三者との新たな労働契約が成立しない場合には、労働契約の解約は無効とする。

2 使用者は、転籍を拒否したことを理由に不利益を課してはならない。ただし、転籍が不可能になったことにより必要になる人事上の措置をとることを妨げない。

3 転籍に際し、契約関係のすべてを清算することなく退職金・企業年金等権利義務の一部を承継させる場合には、転籍先における退職金・企業年金の算定方法及び転籍先がその債務を履行しえなくなった場合の転籍元の責任の範囲について労働者代表と協議のうえあらかじめ定めておかなければならない。

第五章第3節へ



たまごや

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

メルマガ購読

知って得する労働法

最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)

 
 

オススメサイト

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

常識ぽてち〜2006〜

 

ご案内

マガジンへ広告掲載をする

取材・執筆依頼について

お問合せ

最終更新日:2011.12.01


  デジタルたまごや