労働契約法(第四章)労働契約の内容(2005.試案)

知って得する労働法

楽しく仕事をするために、知って得する、知らなきゃ損する労働法。貴方の職場は大丈夫?
泣き寝入りしないために、身近な労働法をやさしく解説していきます。

労働契約法2005年試案

第一章総則

 

(1-4条)

第二章労働契約の締結

  第1節労働契約の成立(5-8条)
  第2節労働契約の期間(9-12条)
  第3節採用内定(13-15条)
  第4節試用期間(16-17条)
第三章従属的自営業者の扱い及び非典型雇用の均等処遇
  (18-21条)
第四章労働契約の内容
  第1節労働者及び使用者の権利と義務(22-27条)
  第2節賃金及び労働時間(28-32条)
  第3節労働者の職業的能力及び職業的財産の尊重(33-38条)
第五章労働契約の展開
  第1節労働契約の変更(39-43条)
  第2節配置転換・出向・転籍(44-46条)
  第3節事業の移転(47条)
  第4節多数当事者間の労働契約関係(48条)
第六章契約違反と責任
  (49-52条)

第七章労働契約の終了

  第1節解雇(53-60条)
  第2節退職(61-62条)
 

参考資料・条文など

最新版「知得労」へ
労働契約法試案(平成17年)
育児・介護休業比較
雇用保険平成15年5月1日改正後の所定給付日数
社会保険・年金給付一覧
退職金規程(サンプル)
職業安定法(抄)
労働基準法全文(平成11年)
 

カテゴリ

新カテゴリ

モラハラ・セクハラと女性
副業
労働契約
就業規則
年次有給休暇
残業・賃金
解雇
読者Q&A
退職
雇用・労災・保険
 

この労働契約法の条文は2005年に作成された試案です。決定ではありません。参考資料としてお使いください。

 

第四章 労働契約の内容(2005.試案)

第1節 労働者及び使用者の権利と義務

(使用者の業務上の指示・命令)
第22条 使用者の業務上の指示・命令は、労働契約に基づきかつ合理的なものでなければならない。合理的な範囲を超える業務上の指示・命令は無効とする。

2 労働者は、法令若しくは公序に反する又は明白に生命・身体に危害を及ぼすおそれのある業務上の指示・命令については、これを拒否することができる。

(労働者の就労請求権)
第23条 労働者は、労働契約の本旨に従い、使用者に対して約定した内容の職務に従事することを求めることができる。

(使用者の安全配慮義務)
第24条 使用者は、労働者が労務提供のため設置する場所、設備若しくは器具等を使用し、又は使用者の指示のもとに労務を提供する過程において、労働者の生命、身体、健康等を危険から保護するよう配慮すべき義務を負う。

2 労働者は、労務提供に関連して、自己の生命、身体、健康等に危害が及ぶことが合理的にみて予測できる場合には、使用者に対して、その危害の除去等、適切な措置を講じることを求めることができる。

(快適な職場環境への配慮)
第25条 使用者は、労働者が人格的利益を損なわれることなく、快適な職場環境のもとで就労することができるように、配慮しなければならない。

(雇用管理に関する個人情報の適正管理・取扱い、開示等の義務)
第26条 使用者は、雇用管理に係る労働者の個人情報については、その保有件数のいかんにかかわらず、個人情報の保護に関する法律(平成15 年法律第57 号)の趣旨に則り、これを適正に管理し、取り扱わなければならない。

2 労働者は、雇用管理のために使用者が収集又は取得、利用している自己の個人情報について、これを開示し訂正又は追加若しくは削除することを使用者に求めることができる。

(やむを得ない事由による欠務に対する不利益取扱いの禁止)
第27条 使用者は、育児、介護等の家族的責任を果たすためその他の緊急かつやむを得ない事由による欠務については、これを理由として労働者を不利益に取り扱ってはならない。

第四章第2節へ



たまごや

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

メルマガ購読

知って得する労働法

最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)

 
 

オススメサイト

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

常識ぽてち〜2006〜

 

ご案内

マガジンへ広告掲載をする

取材・執筆依頼について

お問合せ

最終更新日:2011.12.01


  デジタルたまごや