労働基準法(第八章)災害補償

知って得する労働法

楽しく仕事をするために、知って得する、知らなきゃ損する労働法。貴方の職場は大丈夫?
泣き寝入りしないために、身近な労働法をやさしく解説していきます。

参考資料・条文など

最新版「知得労」へ
労働契約法試案(平成17年)
育児・介護休業比較
雇用保険平成15年5月1日改正後の所定給付日数
社会保険・年金給付一覧
退職金規程(サンプル)
職業安定法(抄)
  第一章 総則
第二章 職業安定機関の行う職業紹介及び職業指導
第三章 職業安定機関以外の者の行う職業紹介、労働者の募集、労働者供給事業及び労働者派遣事業
第四章 雑則
第五章 罰則
附則
労働基準法全文(平成11年)
  第1章(総則)1-12条
第2章(労働契約)13-23条
第3章(賃金)24-28条
第4章(労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇)32-41条
第5章(安全及び衛生)42条
第6章(年少者)56-64条
第6章の2(女性)64-68条
第7章(技能者の養成)69-74条
第8章(災害補償)75-88条
第9章(就業規則)89-93条
第10章(寄宿舎)94-96条
第11章(監督機関)97-105条
第12章(雑則)105-116条
第13章(罰則)117-121条
労働基準法附則(抄)
 

カテゴリ

新カテゴリ

モラハラ・セクハラと女性
副業
労働契約
就業規則
年次有給休暇
残業・賃金
解雇
読者Q&A
退職
雇用・労災・保険

旧カテゴリ

基本知識
雇用保険の知識

年次有給休暇あれこれ

産休あれこれ

セクハラあれこれ

残業あれこれ

退職金あれこれ

解雇あれこれ

参考資料・条文など
 

戦う職場

失業そしてタクシードライバー

がんばる派遣美人


第八章 災害補償(2004.12月)

(療養補償)
第七十五条
労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかつた場合においては、使用者は、その費用で必要な療養を行い、又は必要な療養の費用を負担しなければならない。

(2)前項に規定する業務上の疾病及び療養の範囲は、厚生労働省令で定める。

(休業補償)
第七十六条
労働者が前条の規定による療養のため、労働することができないために賃金を受けない場合においては、使用者は、労働者の療養中平均賃金の百分の六十の休業補償を行わなければならない。

(2)使用者は、前項の規定により休業補償を行つている労働者と同一の事業場における同種の労働者に対して所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金の、一月から三月まで、四月から六月まで、七月から九月まで及び十月から十二月までの各区分による期間(以下四半期という。)ごとの一箇月一人当り平均額(常時百人未満の労働者を使用する事業場については、厚生労働省において作成する毎月勤労統計における当該事業場の属する産業に係る毎月きまつて支給する給与の四半期の労働者一人当りの一箇月平均額。以下平均給与額という。)が、当該労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかつた日の属する四半期における平均給与額の百分の百二十をこえ、又は百分の八十を下るに至つた場合においては、使用者は、その上昇し又は低下した比率に応じて、その上昇し又は低下するに至つた四半期の次の次の四半期において、前項の規定により当該労働者に対して行つている休業補償の額を改訂し、その改訂をした四半期に属する最初の月から改訂された額により休業補償を行わなければならない。改訂後の休業補償の額の改訂についてもこれに準ずる。

(3)前項の規定により難い場合における改訂の方法その他同項の規定による改訂について必要な事項は、厚生労働省令で定める。

(障害補償)
第七十七条
労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり、治つた場合において、その身体に障害が存するときは、使用者は、その障害の程度に応じて、平均賃金に別表第二に定める日数を乗じて得た金額の障害補償を行わなければならない。

(休業補償及び障害補償の例外)
第七十八条
労働者が重大な過失によつて業務上負傷し、又は疾病にかかり、且つ使用者がその過失について行政官庁の認定を受けた場合においては、休業補償又は障害補償を行わなくてもよい。

(遺族補償)
第七十九条
労働者が業務上死亡した場合においては、使用者は、遺族に対して、平均賃金の千日分の遺族補償を行わなければならない。

(葬祭料)
第八十条
労働者が業務上死亡した場合においては、使用者は、葬祭を行う者に対して、平均賃金の六十日分の葬祭料を支払わなければならない。

(打切補償)
第八十一条
第七十五条の規定によつて補償を受ける労働者が、療養開始後三年を経過しても負傷又は疾病がなおらない場合においては、使用者は、平均賃金の千二百日分の打切補償を行い、その後はこの法律の規定による補償を行わなくてもよい。

(分割補償)
第八十二条
使用者は、支払能力のあることを証明し、補償を受けるべき者の同意を得た場合においては、第七十七条又は第七十九条の規定による補償に替え、平均賃金に別表第三に定める日数を乗じて得た金額を、六年にわたり毎年補償することができる。

(補償を受ける権利)
第八十三条
補償を受ける権利は、労働者の退職によつて変更されることはない。

(2)補償を受ける権利は、これを譲渡し、又は差し押えてはならない。

(他の法律との関係)
第八十四条
この法律に規定する災害補償の事由について、労働者災害補償保険法(昭和二十二年法律第五十号)又は厚生労働省令で指定する法令に基づいてこの法律の災害補償に相当する給付が行なわれるべきものである場合においては、使用者は、補償の責を免れる。

(2)使用者は、この法律による補償を行つた場合においては、同一の事由については、その価額の限度において民法 による損害賠償の責を免れる。

(審査及び仲裁)
第八十五条
業務上の負傷、疾病又は死亡の認定、療養の方法、補償金額の決定その他補償の実施に関して異議のある者は、行政官庁に対して、審査又は事件の仲裁を申し立てることができる。

(2)行政官庁は、必要があると認める場合においては、職権で審査又は事件の仲裁をすることができる。

(3)第一項の規定により審査若しくは仲裁の申立てがあつた事件又は前項の規定により行政官庁が審査若しくは仲裁を開始した事件について民事訴訟が提起されたときは、行政官庁は、当該事件については、審査又は仲裁をしない。

(4)行政官庁は、審査又は仲裁のために必要があると認める場合においては、医師に診断又は検案をさせることができる。

(5)第一項の規定による審査又は仲裁の申立て及び第二項の規定による審査又は仲裁の開始は、時効の中断に関しては、これを裁判上の請求とみなす。

第八十六条
前条の規定による審査及び仲裁の結果に不服のある者は、労働者災害補償保険審査官の審査又は仲裁を申し立てることができる。

(2)前条第三項の規定は、前項の規定により審査又は仲裁の申立てがあつた場合に、これを準用する。

(請負事業に関する例外)
第八十七条
厚生労働省令で定める事業が数次の請負によつて行われる場合においては、災害補償については、その元請負人を使用者とみなす。

(2)前項の場合、元請負人が書面による契約で下請負人に補償を引き受けさせた場合においては、その下請負人もまた使用者とする。但し、二以上の下請負人に、同一の事業について重複して補償を引き受けさせてはならない。

(3)前項の場合、元請負人が補償の請求を受けた場合においては、補償を引き受けた下請負人に対して、まず催告すべきことを請求することができる。但し、その下請負人が破産手続開始の決定を受け、又は行方が知れない場合においては、この限りでない。

(補償に関する細目)
第八十八条
この章に定めるものの外、補償に関する細目は、厚生労働省令で定める。

 

第七章へ / 第九章へ



たまごや

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。


 

メルマガ購読

知って得する労働法

最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)

 
 

オススメサイト

海藻パワーで儲かる農業

バットグアノ通販

47都道府県うまいものナビ

昭和一桁生まれの「ひとりごと」

アンコールワット世界遺産

週刊マナー美人

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

常識ぽてち〜2006〜

お店で買うにはちと恥ずかしい

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援「販路ドットビズ」

四柱推命による人生相談

 

ご案内

マガジンへ広告掲載をする

取材・執筆依頼について

お問合せ

最終更新日:2011.12.01


  デジタルたまごや